本文へスキップ

Field Science Center for Northern Biosphere, Hokkaido University

フィールドの写真

2019

新緑の中、試験のための春の苗木植栽。結果がたのしみです(5月23日)

雪がとけて、芽生えの季節となりました。今年の成長はどうでしょうか(5月17日)

午前は中川のヤチダモ人工林、午後は天塩のカンバ天然更新地。残雪を満喫(4月12日)

中川研究林の大面積伐採試験地。毎年この時期に一周歩きます(4月3日)

学生さんと真冬の山へ。研究林の技術スタッフがいろいろ教えてくれました(2月26日)

人工林の伐採現場へ。雪のち晴(1月25日)

久しぶりにゆっくりフィールドを歩きました(1月11日)

2018

積雪が遅い冬でしたが、ようやく1mを超えました(12月20日)

紅葉もそろそろ終盤。雪に備えて歩き回りました(10月25日)

天気が良かったので昼休みに原生林歩道へ。紅葉がはじまっていました(10月4日)

植栽の時期。研修で、名寄の苗畑で掘り取り、雨龍での植えつけを賑やかに行いました(9月19日)

今年の「森トレ」。とても熱心な1年生2人が参加してくれました(8月13日)

カンバの成長を早くする!ことに取り組んでいます(7月25日)

ミズナラ稚樹のカーペット。大きく育てる方策を検討中(6月21日)

芽吹きとともにフィールド調査を始動中(6月1日)

寒い→暑いへの変化がとても急です(5月23日)

中川研究林の照査法試験地。抜き伐りの検討をしながら歩きました。(4月17日)

雨龍研究林には少ないカラマツ人工林。来冬の伐採の準備(4月4日)

今冬は、幌加内で北海道の最深積雪記録が更新されました(324cm)。庁舎前はこんな感じ(3月10日)

吹雪の翌日、とても穏やかな一日(1月12日)

2017

伐採地でサンプリング。このあと年輪をひたすらカウント(12月22日)

種子の散布実験。ねらい通りこの日の降りで根雪になりました(11月25日)

いろのあふれる季節。フィールドが忙しいです(10月10日)

朝、朱鞠内湖上の散策。山は昨日初冠雪(10月5日)

母子里の秋のイベントの日。天気になってよかった!(9月24日)

倒木更新の調査。久しぶりに藪漕ぎ(8月16日)

森林研究フィールドトレーニング、毎日良い天気でした(8月8日)

アカエゾマツの稚樹を探しに(7月25日)

ダケカンバ。楽器やバットになることをめざして(6月8日)

爽やかな季節になりました。朱鞠内湖「湖水開き」の日(5月24日)

道北までハクチョウがやってきています(4月23日)

シラカンバ林とその近くで。除伐してもらいました(4月5日)

朱鞠内湖でワカサギ釣り。地域づくりを学ぶ実習の一貫で(3月8日)

雨龍研究林の山の神さま。毎年この時期にお参りします(2月10日)

一日森の中を歩きました。もっと歩きたい(1月10日)

2016

調査の打ち合わせなどで現場へ。朝は凛とした空気(12月10日)

木漏れ日を浴びるドングリ。翌日は初雪に埋まりました(10月21日)

実習で快晴の朱鞠内湖畔へ(9月1日)

実習や来客の繁忙期. 雨も多く野外調査の日は貴重です(8月25日)

実習準備で湿地林を歩きまわりました(7月8日)

雨龍研究林の「定番」の展望台から(6月6日)

残雪でまだ林道は走れませんでした(5月10日)

10年生造林地はまだ雪の下でした(4月20日)

少しずつ気温が高くなってきました(3月10日)

伐採現場に丸太を見に行きました(2月4日)

この冬はじめてマイナス30度まで冷えました(1月15日)

2015

雪を待つ季節。倒木更新を眺めています(10月29日)

強い風が2回あり、葉がだいぶ散ってしまいました(10月7日)

実習・調査シーズン。秋空の下、学生と歩き回っています(9月8日)

低木や草本に目が行くことの多い夏です(7月22日)

やっと暑くなった快晴の日(7月8日)

日々、木の成長が感じられます(6月16日)

新緑をたのしんでいます(5月21日)

例年よりだいぶ早く雪がなくなってしまいました(5月7日)

踏査の際に出会ったすばらしいアカエゾマツ林(4月21日)

丸一日、湿地林を歩きまわりました(4月14日)

冷え込んだ朝(1月20日)

山にはたましか行けませんが、行く日は天気に恵まれています(1月20日)

2014

冠雪。一回溶けるのをまってますが、微妙かも(11月4日)

晩秋の実習。天気がよければ何よりです(10月16日)

すっかり秋の気配になりました(9月12日)

久しぶりに道南・檜山研究林へ。ヒバ林とブナ(8月21日)

広葉樹の調査中。天然更新したウダイカンバ、ヤチダモ人工林(7月31日)

マイマイガの食害でミズナラの葉がなくなっています(7月25日:右はちょうどひと月前)

緑の濃い季節になりました(6月25日)

ようやく桜が咲き、山は山菜採りで賑わっています(6月1日)

新緑の季節が巡ってきました(5月19日)

雪解け。今年はやや遅めでしたが、一気に進み始めました(4月25日)

久しぶりに山に行きました(2月5日)

実習で山へ。夕方、冷え込みを堪能(1月17日)

2013

あまりフィールドに出られませんでした。二次林の調査で久しぶりに(12月17日)

雪が積もって最初の調査。よい天気で気持よく歩けました(11月14日)

昼は20度を超えました(10月7日)

翌朝は氷点下になりました(9月26日)

水辺の景色(9月9日)

夏。良い天気が続いています(8月4日)

早起きして湿原へ。曇ってしまいました(7月7日)

新緑の季節(6月8日)

やっと雪が消えました。いきなり暑い日(5月31日)

雨龍研究林の再奥部に調査へ。まだ1mの雪(5月16日)

針葉樹林の長期変化を調査。残雪が快適(4月24日)

残雪期の踏査が始まりました。この日は晴れたり吹雪いたり(4月11日)

吹雪のあと。気温が高くなってきました(3月6日)

母子里は例年並みの積雪です(2月6日)

小学生との森林探検。日暮れ時は-25度まで冷え込む中での外遊びでした(1月10日)


2012

154cmまで降り積もって、年末(12月28日)

最近にない大雪でしたが、今日は一段落(12月12日)

晩秋。雨続きですが、この日の朝は雲がとれました(11月6日)

遅い黄葉。例年よりだいぶ遅く氷点下になりました(10月26日)

なかなか涼しくなりません。でも夕方は秋風(9月15日)

例年になく残暑が続いています(8月26日)

ミズナラ林で調査。今年は蚊が少なくて爽やかです(7月18日)

開花・開葉、進んでいます(6月6日)

春の紅葉中です(5月22日)

連休で一気に雪どけが進みました。開葉までもう少し(5月8日)

残雪の調査シーズン。雪どけと競争(4月27日)

新年度。なかなか雪が減りません(4月3日)

猛吹雪の翌日。快晴(2月16日)

年始以降、意外と降雪少ないです。積雪144cm(1月23日)


2011

冷えましたが快晴のフィールド日和になりました(12月21日)

この雪で根雪になりそうです(11月18日)

あたたかい日差しだった一日(10月20日)

早い初雪のあと紅葉が見ごろ(10月7日)

初秋。思ったようにフィールドに出られません(9月21日)

そばの花が満開。暑かった一日(8月4日)

雪解け後、あっという間に夏になりました(6月22日)

母子里でもようやく桜が満開です(5月31日)

まだまだ寒くて朝は雪が舞いました(5月23日)

蛇紋岩地のアカエゾマツ林. 開けた林床にはササとハイマツ(4月14日)

新年度。早い雪解けにあわせて毎日調査に通っています(4月1日)

例年より数週間はやく残雪期の調査を始めました(3月29日)

通勤路からの風景。寒い日、暖かい日それぞれ(3月23,24日)

雪が少ないまま春めいてきました(3月8日)

冷え込んだ快晴の一日(1月27日)

雪は少ないお正月ですが...寒いです(1月13日)


2010

しばらくぶりでフィールドに出ました。積雪は70cm(12月22日)

林内でばったりヒグマに出会いました。お互い冬にむけて追いこみ中(11月9日)

初雪の翌日(10月19日)

出張続きの間にすっかり紅葉の季節になってしまいました(10月9日)

快晴。ドングリが落ち始めました(9月13日)

秋風に変わりました(8月20日)

母子里でも30度を超えた夏の日(8月6日)

日の長いうちに夕方まで仕事(7月25日)

湿原再訪。花の時期をわずかに逃してしまいました(7月14日)

ササをこぎ分けて湿原探検(6月11日)

新緑のなかフィールド調査開始です(6月1日)

開葉まであと少しになりました(5月17日)

残雪がまだ2m以上ありました(4月8日)

-20度の日が続いています(3月10日)

大雪の中の調査。昼に一瞬だけ晴れました(2月10日)

寒い雪の日が続いています。積雪は2mを超えました(2月6日)


2009

すっきり晴れた一日。積雪は133cm(12月24日)

よい天気が続く初冬でしたが、12月からは本格的に降り始めました(12月7日)

11月とともに雪がやって来ました(11月11日)

いつもより少し早く紅葉が始まりました(10月1日)

9月前半は雨続きでした(9月12日)(10月1日)

例年どおりお盆を過ぎると秋めいてきました(8月21日)

天候が優れない7月でした(7月9日)

林内は花の季節。虫もいっぱいです(6月10日)

やっと開葉がはじまりました(5月19日)


4月末、残雪がようやく1mをきったころ(4月22日)


4月はじめもまだ150cmを超える積雪がありました(4月2日)


1年生の野外実習、いい天気になりました(3月3日)


母子里-27℃の朝…今シーズンはこれが最低気温でした(2月6日)


小学生向けイベントの日、あいにくの雪模様でした(1月16日)


ナビゲーション
















↑全国の大学学部生を対象とした
実践的な研究体験プログラムです。
2019年度、参加者募集中です!