本文へスキップ

北海道大学北方生物圏フィールド科学センター森林圏ステーション

実習詳細detail

森林空間機能学演習

基本情報

実施時期

平成30年2月16日(金)~2月19日(月)3泊4日

集合

集合時刻(予定):平成30年2月16日(金)12:30
集合場所(予定):JR宗谷本線 名寄駅前(集合および実施場所までの自家用車の利用は禁止します)

場所

北海道大学北方生物圏フィールド科学センター中川研究林 中川学生宿舎
〒098-2501 北海道中川郡音威子府村字音威子府
TEL: 01656-5-3216 FAX: 01656-5-3218 Email: hu-open@fsc.hokudai.ac.jp

参加費用

宿泊費・食費を併せて 約8,000円
研究林到着時に徴収します。なお、集合場所までの旅費等は自己負担になります

実習内容

「冬の北海道で森林のもつ機能を学び・発表し・議論する」
受講者それぞれが課題を設定し、事前の研究林訪問等で得た野外調査データや最新の研究情報をもとに報告資料を作成して、20分ほどの発表をおこなう。議論をとおして自分以外の発表課題についても学習を深める。

実習課題

環境保全・土地利用のあり方などを含む、森林空間のもつ多面的な働き(森林空間機能)について学習する

担当教員

佐藤冬樹、吉田俊也、野村睦、福澤加里部ら(北方生物圏フィールド科学センター)
小池孝良(大学院農学研究院)

募集について

対象学生

公開森林実習協定に締結した大学の農学系学部に所属する2~4年次生
演習にあたって事前学習をしていただくため、下記の「提出書類」とは別に、あらかじめ「事前希望」(➔フォームはこちら)を提出していただくことが必須となります。事前希望の受け付けは平成29年9月末までとします(申し込み数次第でこれより早く締め切ることがあります)。希望者が多数の場合、平成29年夏季に北海道大学研究林で実施する「森林研究・フィールドトレーニング」へ参加する方を優先しますので承知おきください(森林研究・フィールドトレーニングの参加申し込み締切は平成29年5-8月に設定されています)。なお、事前学習・受講希望に関する質問は「事前希望」のフォームからお寄せください。

定員

若干名

履修を希望される方

提出書類

依頼書(派遣大学学部長から北海道大学農学部長へ)
履修願(履修希望学生から北海道大学農学部長宛)
申告書(履修希望学生から所属大学学部長宛)
志望理由書 様式自由
成績証明書
学生教育研究災害保険および賠償責任保険の加入を証明する文書の写し

提出先

履修希望学生が所属する大学の担当事務

提出期限

平成29年11月20日(月) *上記のとおり平成29年9月末までに事前の受講希望の連絡が必須です
(担当事務を経由して北海道大学農学事務部への到着期限なので注意すること)
平成29年12月中に選考の結果をお知らせします。

キャンセルポリシー

やむを得ず欠席する場合は、すみやかに連絡すること (直前のキャンセルについては、実費の負担を求めることがあります)

実習写真


   
   







↑北大研究林で行われる、全国の大学学部生を対象とした実践的な研究体験プログラムです。2017年度は6つのコースで開講します。公開森林実習ではありませんが、少人数で「一歩深く」学びたい方にお勧めします(5月に応募開始です)!