本文へスキップ

北海道大学北方生物圏フィールド科学センター森林圏ステーション 森林研究・フィールドトレーニング

北海道 大学研究林の広大なフィールドで実践的な研究を体験

このページにお出でいただき、有難うございます。
2020年度は5コースの開講を予定しています。
一部コースにつき募集を再開いたします

※おことわり
新型コロナウイルス感染症にともなう対応につきましては、当ホームページにて、各コースごと最新の情報をご確認ください。 現時点で開催を予定しているコースも、今後の状況次第では、中止、または内容や日程等の変更がありえます。 またお住まいの地域の状況変化によりましては、やむを得ずご参加をお断りする場合がある事を予めご承知おき下さい。 個別の照会はこちらよりご相談ください。

森林の動物生態学
 
2020年 10月以降 期日変更
 
苫小牧研究林 揚妻直樹岸田治内海俊介 担当)
川魚の生態を調べる 開催中止
 
2020年
 
苫小牧研究林 岸田治 担当)
「生き物たちのつながり」の生態学
 2020年
11月12月 期日変更
 和歌山研究林 会場変更 中村誠宏内海俊介 担当)
 
森林の物質循環と根っこの機能

 2020年 8月10月 開催未定
 中川研究林 福澤加里部 担当)
森林 de GIS
 2020年 7月-9月
 天塩研究林 高木健太郎 担当)
天然林で森林施業
 2020年 810
 雨龍・中川研究林 会場一部変更吉田俊也 担当)

★ お問い合わせはこちらから!
★ 開催日程は、決定次第掲載します。早く知りたい方はお問い合わせください。
★ プログラムによりますが、おおむね3-4泊の日程で実施します。
★ いずれのプログラムも定員に限りがあります。

これまでの開催の様子をブログで紹介しています!
2019年度
森林の動物生態学
「生き物たちのつながり」の生態学 in 南紀熊野

2018年度
池の動物生態学
森林の物質循環と根っこのはたらき NEW!!
森林 de GIS
天然林で森林施業
「生き物たちのつながり」の生態学 in 南紀熊野
分光技術を使った森林観察〜光合成から土壌有機物まで
川の動物生態学

2017年度
川の動物生態学
天然林と森林施業

2016年度
森林の物質循環と環境保全1
森林の物質循環と環境保全2
昆虫-植物相互作用の生態と進化
分光イメージングによる樹木生理生態機能の評価
林冠の生物多様性と機能

2015年度
森林における温暖化研究の「い•ろ•は」
昆虫-植物相互作用の生態と進化(第1回)
昆虫-植物相互作用の生態と進化(第2回)

NEWS

2020年6月23日
2020年度一部コースにつき募集を再開いたしました
2020年4月3日
2020年度の募集開始を当面見合わせることといたしました
2020年3月2日
2020年度の開催予定を掲載しました(一部募集開始)
2019年5月7日
2019年度の募集を開始しました
2019年4月22日
2019年度の開催予定を掲載しました
2018年5月1日
2018年度の募集を開始しました
2018年3月2日
2018年度の開催予定を掲載しました
2017年2月17日
2017年度の開催予定を掲載しました
2015年5月11日
サイトをオープンしました。
全国演習林協議会・公開森林実習との関係でご覧の方はまずこちらを 参照ください。なお、このプログラム自体は公開森林実習ではありません

ナビゲーション

北海道大学
北方生物圏フィールド
科学センター 北管理部

〒096-0071
北海道名寄市字徳田250

TEL 01654-2-4264
FAX 01654-3-7522
(平日8:30-17:00)
moritore(at)fsc.hokudai.ac.jp