本文へスキップ

北海道大学北方生物圏フィールド科学センター森林圏ステーション 森林研究・フィールドトレーニング

アクセスと準備

研究林地図

北海道大学研究林(北方生物圏フィールド科学センター森林圏ステーション)は、天塩、中川、雨龍、札幌、苫小牧、檜山、和歌山の七つの研究林からなる、日本で一番大きな大学の野外フィールドです。


研究林への道のり


【北海道に上陸する経路】

各種路線案内のページ等をご覧ください。
  駅すぱあと for web NAVITIME ジョルダン など。
北海道上陸地点として、
 空路なら新千歳空港(便数が多いが道北の研究林には遠い。苫小牧林には近い。)、旭川空港(便数少ないが道北の研究林に近い)、稚内空港(便数かなり少ないが道北の研究林に近い)。
 フェリーなら苫小牧西港(とまこまい にしこう)、苫小牧東港(とまこまい ひがしこう)、小樽港(おたる こう)、函館港(青森−函館、大間−函館)。
 鉄道なら東北・北海道新幹線。(「えきねっと(JR東日本)」のページを見る)
   ......などがあります。


【北海道内の交通案内】


札幌研究林

こちらのページをご覧ください。

天塩・中川・雨龍研究林、名寄教育研究棟(北管理部)

JRを利用する場合
 経路、時刻表、運賃等は、「JR北海道」のページをご覧ください。おトクな切符の情報も掲載されています。
都市間バスを利用する場合
 札幌から名寄(なよろ)への移動は、「北海道中央バス」の「高速なよろ号」をご利用ください。
 札幌から音威子府(おといねっぷ)への移動は、「宗谷バス」をご利用ください。

 * 名寄駅 下車 タクシー約10分 − 名寄教育研究棟(北管理部)
 * 名寄駅 − JRバス幌加内(ほろかない)行き 母子里(もしり)バス停下車 徒歩1分 − 雨龍研究林

 * 名寄 −(JR)− 音威子府駅 下車 徒歩10分 − 中川研究林 音威子府庁舎
 * 音威子府 −(JR)− 天塩中川(てしお なかがわ)駅 徒歩20分 − 中川研究林 中川学生宿舎

 * 天塩中川駅 −(JR)− 問寒別(といかんべつ)駅 下車 徒歩5分 − 天塩研究林

なお、移動時間の都合で、研究林施設に前泊・後泊を希望する方は申込時にお知らせください。



【北海道外の研究林】


和歌山研究林

こちらのページをご覧ください。




持ち物など

下記を参考に準備してください。このリストに挙げた以外で、プログラムごとに必要な持ち物がある場合には個別にお知らせします

□ 野外調査のための服装(長袖・長ズボン)
□ 野外調査のための靴(トレッキングシューズ、登山靴、長靴を推奨)
□ 靴下(厚手で長いもの)、帽子、軍手、手ぬぐい
□ リュックサック、水筒(ペットボトル)
□ 日焼け止め、虫除け、痒み止め、持病の薬、健康保険証の写し
□ 雨合羽、折りたたみ傘
□ 筆記用具、ノートパソコン(持っていれば)
□ 宿泊に必要な衣類・洗面道具 (研究林の宿泊施設で、シャンプー・リンス・石鹸・ドライヤー・浴衣については用意があります)
□ 「学生教育研究災害傷害保険」(学研災)等の傷害保険の証書または写し

* 宿泊施設付近の店舗は、都市部より閉店時間が早いことがあります。
 また、雨龍研究林の宿泊施設は、周囲に店舗がありません。(飲料自販機のみ)
 ご注意ください。
* 山中では、携帯電話が通じにくいエリアがあります。詳しくは各研究林スタッフにお尋ねください。

ナビゲーション

北海道大学
北方生物圏フィールド
科学センター 北管理部

〒096-0071
北海道名寄市字徳田250

TEL 01654-2-4264
FAX 01654-3-7522
(平日8:30-17:00)
moritore(at)fsc.hokudai.ac.jp