本文へスキップ

北海道大学北方生物圏フィールド科学センター森林圏ステーション 森林研究・フィールドトレーニング

森林 de GIS

募集開始いたします。
日程: 7月 〜 9月の 以下の候補日から、1回のみ開催します(4泊5日)
  ・7/27(月) 〜 7/31(金)
  ・8/3(月)〜 8/7(金)
  ・8/11(火) 〜 8/15(土)
  ・8/17(月)〜 8/21(金)
  ・9/28(月)〜 10/2(金)
※ 応募のあった方々の希望を先着者を優先して調整し、日程を決定いたします。日程決定後も定員に余裕があれば、募集を継続します。
※ なお、新型コロナウイルス感染症の状況によって、中止・延期の可能性が有ります。その際はキャンセル負担が発生しないよう事前に通知します。

場所: 北方生物圏フィールド科学センター 天塩研究林
担当: 高木健太郎(北方生物圏フィールド科学センター教員)
定員: 最大4名程度
応募: 必要事項を記入してメールで申し込んでください
締め切り:7月5日(希望日程が限られている方はお早めにご連絡ください)

内容説明★  木や草花、動物や魚は、どのような立地環境に生息しているのでしょうか。どのような立地環境で森林は生育がよくなるのでしょうか。 天塩研究林全域を対象に、GPSを片手に調査をしながら、森林の動植物の分布や生育・痕跡状況と立地環境との関係をGISを使って解析してみましょう。 参加者すべてが体験するプログラム(ドローンによる森林観測・動物や魚の生息地・痕跡地調査)と、個人あるいは小グループ毎に興味のあるテーマを決定して行う調査を予定しています。 GISに興味があれば、予備知識は必要ありません。最初の一歩を踏み出せるようなGIS初心者向けのプログラムです。
過去のプログラムの様子をブログで紹介しています!

事前学習の要不要:不要 調査テーマについて、事前に希望を伺います。
その他:ノートパソコンを持っている人は持参してください。

集合場所・時刻:1日目昼 JR天塩中川駅集合
  実習・宿泊はすべて天塩研究林で行います。
解散場所・時刻:5日目昼 JR天塩中川駅解散

日ごとのおよそのスケジュール(案):
 1日目 午後 ガイダンス ドローンを使った森林観測、調査テーマの決定
 2日目 森林植物や動物の調査
 3日目 続き/ GISを用いた解析
 4日目 GISを用いた解析
 5日目 午前中 結果発表会


費用: 宿泊費・食費をあわせて約10,000円(日程によって変わります)
    研究林到着時に徴収します。
    なお、集合場所までの旅費等は自己負担になります
    やむを得ず欠席する場合はすみやかに連絡してください
    直前のキャンセルについては実費の負担を求めることがあります


gis写真1
天塩研究林の森林

2018gis写真2
空からレーザーで測量した森林

2018gis写真3
広域の森林資源量の分布

2018gis写真4
空から見た森林の様子

ナビゲーション

北海道大学
北方生物圏フィールド
科学センター 北管理部

〒096-0071
北海道名寄市字徳田250

TEL 01654-2-4264
FAX 01654-3-7522
(平日8:30-17:00)
moritore(at)fsc.hokudai.ac.jp